2020年10月2日(金)11時30分より、松本市にあるサンプロアルウィンにおいて、株式会社アルプスウェイ令和2年度下期入社式を行いました。今回は令和元年9月1日から令和2年8月31日までに入社した19名のうち、既に別途開催した上期入社式に参加した新卒者5名を除く14名が対象。本来であれば上期入社式に参加すべきところ、新型コロナウィルスの影響で大幅に規模を縮小したため参加できなかった方も含めて、大規模なものとなりました。

挨拶に立つ中村会長

直近1年の新入社員ら

新入社員代表が挨拶

感染対策した昼食会

訓示する平林社長

アルウィンをバックに

入室時の検温・消毒やマスク着用など万全の感染症対策を行い、相互に距離を取った配置で着席。代表取締役の中村会長からは、「数多ある会社から当社を選んでくれたことに感謝する。事故は絶対に起こさないという信念を持って励んでもらいたい。」と訓示がありました。また代表取締役の平林社長は、「これまで歩んできた環境がそれぞれ異なる皆さんがここで巡り合った縁を大切にしたい。」と歓迎の言葉を述べました。入社式後の昼食会では豪華ステーキ弁当が振舞われましたが、感染予防の観点から、無言、無言、無言。少し寂しい雰囲気でしたが、最後はJ1の試合でも使われたアルウィンをバックに記念撮影を行い、参加者全員が気持ちを新たにしていました。(by Denson)